お肌に合う美容液を選ぼう

美容液の使い方と選び方

美容液には様々な種類があり、それぞれに効果と目的があります。
例えばシミや日焼けに対処する美白効果であったり、乾燥した肌を潤わせるもの、肌のハリを取り戻すアンチエイジングのものなど、肌への有効成分が豊富に含まれています。
正しい定義は無く、水っぽいものからジェル状のものやクリーム状のものなど形態も様々です。
美容液はその効果を実感できるアイテムのひとつです。
肌に栄養を与えるために毎日使用してください。
化粧水のあとに美容液を使用するのが一般的ですが、ブースターといって肌の内部へ吸収浸透を促すためのものなどは洗顔後にそのまま使用することもあり、目的により使用方法も変わってきます。
使う量も少なすぎたり多すぎたりしていては効果を充分に感じることができません。
メーカーが提唱する正しい使い方をすることで効果をより感じることができるでしょう。
美容液を選ぶときには、それぞれの目的に合った有効成分が含まれているのかどうかを参考に成分表やパッケージをよく見て選びましょう。
美白成分なら、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸など。
保湿成分なら、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど。
アンチエイジングなら、レチノール、アスタキサンチンなど。
目的に合わせて有効成分を確認し、自分に合った美容液を選ぶことが大切です。

美容液の美肌効果について

美容液の効果で有名なのが美白と保湿です。
乾燥が気になる目元や口元につけることによって、しわたるみ対策になります。
また、紫外線からお肌を守ってくれます。
美容液は、1度にいろいろな種類を重ねるのではなく、1種類にします。
朝と夜でスキンケアを変えると、美肌効果がアップします。
朝は、紫外線対策として美白成分が入った美容液を使うといいです。
美白成分は、アルブチン、ビタミンC誘導体でメラニンを作るのを抑えてくれる働きがあります。
夜は、保湿効果が高い、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸が入ったものがおすすめです。
汚れが残っていては、どんなお手入れをしてもお肌に負担がかかりますので、クレンジング、洗顔でお肌の汚れはしっかりと落としておくのが大切です。
洗顔後、化粧水をつけて乳液をつけてから美容液を使う方が多いですが、油分が多い乳液のあとに使うと、油膜ができるので美容成分が浸透しにくくなります。
化粧水のあとにすぐ使うことがポイントです。
洗顔後に、蒸しタオルを顔の上にのせて、毛穴を開いた状態にしておけば、もっとなじみやすくなります。
ニキビや肌が荒れて気になる方は、敏感肌用の美容液を使います。
使う前には、必ず腕の部分でテストをしてから、お手入れを開始します。

注目サイト

福岡 不用品回収
http://hikkoshi-rcycl.com/
立川 ヘッドスパ
http://rienge.jp/
おすすめドッグフード情報
http://www.navigenics.com/ranking
何でも屋
http://t-b-j.jp/
まつげエクステ用品の通販
http://lashcolors.jp/
エシカルファッション
http://www.peopletree.co.jp/
相続放棄
http://xn--1lq136chrb2wbnz2bca799icvz.com/
渋谷 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000034843/

Last update:2016/6/22